リストラや退職に備える!副業をする理由とは?

- 退職推奨って何?

退職推奨って何?

退職所得 = ( 退職金 - 退職所得控除額 ) ÷ 2
退職所得控除額 = 勤続年数 × 40万円 (但し、80万円に満たない場合は80万円)
退職所得控除額 = ( 勤続年数 - 20 ) × 70万円 + 800万円(20年×40万円)

強制的に企業が社員に対して退職をさせることではなく、退職をしないか勧める行為のことを退職推奨といいます。

退職推奨として、代表的なものは、希望退職者を募るものがあります。

よく退職推奨とリストラを同じものだと考えている人もいるのですが、実際のところは別物なのです。

退職推奨に社員が応じた場合、法律で退職をすることが成立することになりますから、強制的に解雇されたという扱いになりません。

なお、退職推奨の場合は、賃金の保障や退職金の上乗せなどといった条件を提示していくということが多いです。

そうでもしなければ、社員としても、退職推奨に応じるメリットが一切ないからです。

ですから、基本的に企業側は社員が退職推奨に応じるように条件を出したりするものなのです。

退職推奨は違法行為ではありません

退職推奨=違法行為だと考えている人もいるかもしれませんが、退職推奨というのは法律に抵触するということはないのです。

なお、あくまでも推奨ですから、退職推奨に応じるのかは社員が決めることになります。

そして、拒否をした場合は、企業も社員の意向に応じるようにしなくてはなりません。

応じないといっているのに、何度も退職推奨を行ったり、脅したりするというのは、違法行為となります。

また、会社に居場所を無くすように仕向けたり、配属先を変えたりするという嫌がらせも行ってはいけないのです。

このようなことをした場合、強制をしているとみなされて、違法となるのです。

退職推奨に応じない社員に対して、このような行為をした企業も少なくなく、裁判沙汰になって損害賠償をすることになった会社だってあります。

社員側としては、退職推奨をされたとしても強制力があるわけではなく、お互いが合意をしたうえで成立をするものだと考えるようにしてください。

もしも、自分が退職推奨をされたとしても、応じたくないのであれば応じないようにすればいいのです。

また、退職推奨をされた場合は、同意だと匂わせるような発言は絶対にしてはいけません。

こちらは同意をしたつもりではないのに、強引に同意をしたということにされてしまうことだってあるのです。

退職推奨とリストラは同じではない

定年退職ではないのに、会社から「退職をしませんか」と促されることを退職推奨といいます。

もしも退職推奨をされたからといって、そのまま安易に合意をしてはいけません。

本当に、退職推奨に応じるべきなのかを客観的かつ冷静に考えるようにしなくてはなりません。

退職推奨というのは、すぐに退職届を出してしまうと、自己都合による退職として処理をされてしまい、退職で不利になってしまいます。

自己都合扱いになってしまうと、失業保険の受給が遅れてしまうことになりますから、退職推奨に応じるとしても、自己都合の退職ではなく、会社都合による退職で処理をしてもらうように交渉をしましょう。

なお、リストラというのは、一方的に解雇されてしまうものなのですが、退職推奨の場合は、一方的に解雇されるというものではありません。

ですから、こちらも弱気になるのではなく、対等に交渉をしていくようにしましょう。

そして、自分を退職推奨のリストにした会社に対して見切りをつけるくらいの気概を持つようにしましょう。

そうすれば、最終的に退職推奨をしたとしても、再就職やスマホ副業福チャンをするときの意欲に繋げていくこともできるでしょう。

また必要ではない人材だと判断されてリストラされたわけではないのですから、自分に価値がないとは思わないようにしましょう。

このような気持ちを持つことによって、退職推奨に応じることになったとしてもモチベーションはかなり違ってくることになるでしょう。

ですが、実際にいざ自分が退職推奨をされてしまうと、やはり動揺をしてしまいやすいですし、どうすればいいのか分からなくなってしまいやすいものです。

ですから、リストラとは違っているのだということは理解していても、これからのことを考えると気分が落ちてしまうということもあるでしょう。

今のご時勢、いつ退職推奨をされるのか分からないのですから、いつ退職推奨をされたとしてもいいように精神力を鍛えるようにしたほうがいいでしょう。

また、退職推奨をされたとしても、退職をしたくないのであれば、ハッキリと断るようにしましょう。それにしても、事前に対策できるものなら対策したいですよね!そんな時には専業主婦の皆さんはチャットレディ比較.net等で旦那さんの退職に備えて貯金を溜めるのも良いと思います。

新着情報

◆2015/07/29
退職推奨って何?の情報を更新しました。
◆2014/06/23
メール情報はこちらを新規投稿しました。
◆2014/06/23
退職推奨と退職強要は何が違うの?を新規投稿しました。
◆2014/06/23
退職推奨は拒否できるを新規投稿しました。
◆2014/06/23
退職推奨をされたら誰に相談をすればいい?を新規投稿しました。