リストラや退職に備える!副業をする理由とは?

- 退職推奨をされた場合どう対応すればいいの?

退職推奨をされた場合どう対応すればいいの?

労働者に対して、経営側が退職を勧めることを退職推奨と呼びます。
あくまでも、強要のように一方的に退職をするというわけではありません。
ですから、退職をしたくないのであれば断ることもできるようになっています。
いくら経営側が強気の姿勢だとしても、強制力もなく法的効力もないわけですから、こちらも委縮をする必要はありません。
退職推奨をされると、必ず退職をしなくてはならないという先入観を持っている人もいるのですが、これは間違いなのです。
退職推奨は解雇とは全然性質が違っているのですから、対応の仕方についても当然違うことになります。
労働者に一方的に解雇をすることはできない為、退職推奨をするという子tもあります。
簡単に解雇をすることはできないと判断して、会社側は退職推奨をしているわけです。
なので、労働者は、解雇の予告なのか、それともあくまで退職推奨なのかを文書で経営者側に説明を求めるようにしましょう。
また、退職推奨に関する文書が経営者側から送られてきたのであれば、自分だけで判断をするのではなく、専門知識のある人に相談をしていくようにしてください。
退職推奨を断ったり、一度は退職推奨に応じたけど、撤回をするのであれば、会社に対して内容証明郵便による文書を送るようにしましょう。
内容証明郵便で送ることによって、証拠として認められることになります。
友人や家族だけだと、退職推奨の正しい知識を持っていない可能性のほうが高いでしょうから、必ず専門家に相談をするべきです。
強要されているわけではなく、提案されているということを理解しておけば、どのように対応をしていくべきなのかについてもだんだん分かってくるようになるでしょう。
自分ではっきりと退職推奨に応じるつもりはないことを伝え、なおかつ証拠として内容証明郵便で通知をしておけば、それ以上退職推奨をされることはないでしょう。
こちらがはっきりと断るようにしなかったら、もう少し押せば退職に応じるかもしれないと判断されてしまいます。
ですから、こちらの意思をちゃんと伝えるようにすることが一番有効な対応策となっているのです。